ゴーン解任後の年収がヤバイ!裏話の闇と経緯は?次の会長候補は誰?

NEWS
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

日産自動車のカルロス・ゴーン氏解任というニュースが速報として流れた!
19日、ゴーン氏は会長と代表取締役の職を解くようにと提案したと日産自動車が発表した。ゴーン氏はその事実と認めている。
ちなみにゴーン氏自身の報酬額は、前年度比33%減の7億3000万円。日産と同規模のグローバル自動車メーカーCEOの平均報酬額は19億5800万円だった。これと比較し、日産CEOの報酬は明らかに低いというわけだ。
しかしこれに加え、ゴーン氏三菱自動車から2億2700万円、ルノーから9億5000万円役員報酬を受け取っており、3社で総額約19億円になる。

出典livedoor.blogimg.jp

 今回日産は内部通報を受け、何ヶ月も時間をかけて調査をしてきたことを明らかにした。その結果、長年に渡り、金融商品取引法違反をしたとしている。この件は代表取締役を務めるグレッグ・ケリー氏も関与していた。
今回の件で退職金は『ゼロ』であるが、関係会社からのパイプまでは切れないだろう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました