【ヒロアカ】No.286 「僕らの中の人」ネタバレ 

僕のヒーローアカデミア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、タッキーです。

前回「爆豪勝己 ライジング」がTwitterのハッシュタグになっていたほど衝撃的な終わり方で幕を閉じました。

その後爆豪勝己こと、かっちゃんはどうなったのか?

緑谷少年はワン・フォー・オールを奪われてしまうのか?

今日はこの流れから書いていきます。

Twitterでの反応は?

 

No.286 「僕らの中の人」ネタバレ 

とっさの判断でデクを危機一髪から守った爆豪勝己だったが、「一人で…勝とうと…っ、してんじゃ、ねェっ」と言葉を残し落下していく。

デクがかっちゃん!と名前を叫ぼうとした瞬間、轟焦凍が爆豪をキャッチする。

一命を取り留めたかに見えた爆豪だったが、それを見た死柄木弔、怒りに任せて放った言葉が、「俺…の、今日の戦いで無駄な血が多く流れたが…今のが最も無駄だった」!

それを聞いたデクは「怒りのままに力を振るえば力は応える、肝心なのは心を制する事さ」を頭の中で呟き、ボロボロの身体で死柄木弔に向かっていく。

「取り消せ!」

半分鬼神化した表情のデクがそう叫ぶと死柄木弔の頭がパキャと割れ始める。

 

場面が変わり、場所は大阪府砂色市

街が大型ヴィランによって蹂躙されていく中、住民を避難させるためにヒーローたちが動きまわる。

そんなとき大型ヴィランが向かう先に主の匂いが2つあることに気づく。

街が壊滅状態で、通信障害により仲間に連絡もできなくなり、急いで現場に向かうヒーローたち。

その時麗日お茶子だけが、「あの日から、まるで、日が沈むにつれて、影が伸びていくような…」と、この自体が良くならない異変に気づく。

 

場面はデクと死柄木に戻った。

死柄木の手がついにデクに触れた瞬間、異次元のような空間に2人は移動した。

デクに触れたことによりワン・フォー・オールを奪おうとする死柄木。

異空間で身体が完全に現れず動けないデクを目の前に、死柄木に力を与え、裏で操っていたオール・フォー・ワンが現れる。

「僕が力を貸さなきゃ、炭と化して死んでたし、生きていたとしても落下死だったぜ?」と死柄木の耳元で囁くオール・フォー・ワンに対して死柄木は、

「黙ってろって…!!」

「これは俺の意志だ、俺の夢だ!」と振るえながら師匠に叫ぶ。

するとデクの身体が異空間で押さえつけられ動けなくなる!

「君はまだこの世界で動けない」

押さえつけた掌の先に現れたのは、先先代のワン・フォー・オール、志村菜奈だった!

No.287 考察

次号は恐らく先先代のワン・フォー・オールとオール・フォー・ワンの対決になるのではないかと思います。

爆豪も駆けつけた仲間によって九死に一生を得る形で生き残り、デクが先先代のワン・フォー・オールから異次元のような夢の中でも動ける力をゲットするよな気がします。

ヒロアカは結構キャラが死ぬことがあるけど、今回味方は死なない気がします。

ワンピースが2号休載なので、ヒロアカに期待しています。

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました