【僕のヒーローアカデミア】No. 296「極々、地獄」ネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、タッキーです。

僕のヒーローアカデミア No.のネタバレ記事を書いていきます。

【僕のヒーローアカデミア】No. 296「極々、地獄」ネタバレ

死柄木の体を休めて体制を整えるため、オール・フォー・ワンが彼の身体をコントロールして次元の間に消えていきました。

ここで一旦休戦です。

その後

戦いの果てに、生存者は各々の役割を終え、3体のニア・ハイエンド(脳無)を仕留めることに成功しました。

ニア・ハイエンドは3体倒したものの、残り7体います。

そして死柄木も姿をくらましました。

確保したヴィラン連合

『ギガントマキア』

『Mr.コンプレックス』

『リ・デストロ』

『外典』

『トランペット』

この他会議に集まった超常解放戦線構成員1万6929人

しかしギガントマキアに行進により、幹部を含む132人を取り逃してしまいました。

崩壊した街

ヒーローたちは救助活動に励みます。

そんな中トガヒミコが逃走中と報告が入ります。

崩壊した街で助けを求めている人たちをフロッガーの収縮自在の舌で助けます。

お茶子もまた救える命を一人でも多く助けていきます。

助けても手を差し伸べても、人手が足りません。

「やめよ。。。」

「もうダメでしょ」

遂にヒーローたちの心はあまりにもひどい状況に心が折れるものも出てしまったのです。

死柄木の執念

死柄木は死にました。

それを蘇らせることはほぼ不可能だったのに、微かな”感電”と夢と憎しみによって再び執念で蘇らせたのでした。

その強い執念は多くの者が死んでいきました。

 

街ではそんなこともネット内の話と言わんばかり、人々はエンデヴァーがどうのとか、荼毘はウゼーとかまるで人ごとのように話していました。

みんな自分のことしか考えなくなり、それをヒーローたちがどう感じるのか不安は募るばかります。

奇襲開始⁉︎

同日夜

スリープボックスの中で考え始めるオール・フォー・ワン。

「休む暇など与えない!」

「ここからずーーーーーーと僕のターンだ!」

「疲れ知らずの脳無たちよ」

「今から僕の本体を解き放つんだ!」

間髪入れずに死柄木の身体を使ってオール・フォー・ワンが反撃を始めてきます。

以上週刊少年ジャンプ号に掲載された【僕のヒーローアカデミア】No. 296「極々、地獄」でした!

【僕のヒーローアカデミア】No. 296「極々、地獄」考察

まだ傷も癒されていないヒーローたちにオール・フォー・ワンの攻撃が始まってしまいます!

僕は近いこの先、答えを求めていたトガヒミコがヒーロー側に寝返るんではないかと睨んでいるんですが、どうでしょうかね?

エンデヴァーの命の寿命も誰かを庇って尽きるような気がします。

それがデクなのか、荼毘なのか?

今回もご閲覧ありがとうございます。

最近特に目が離せないヒロアカ、次号はどうなるのでしょうか?

おすすめの商品

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました