【ヒロアカ】314話最速ネタバレ「第二の刺客はオーバーホールだった!」

僕のヒーローアカデミア
この記事は約4分で読めます。

みなさんこんにちは、タッキーです。

僕のヒーローアカデミア No.314のネタバレ記事を書いていきます。

【僕のヒーローアカデミア】No.314「麗しきレディ・ナガン」ネタバレ

前回OFAの個性、3rd『発勁』を発動させたデク!

見事にレディ・ナガンの捕獲に成功したように見えたのでしたが。。。

捕獲成功?

付け焼き刃の3rd発動で間合いを詰めることに成功したデクでしたが、相手はレディ・ナガン、そう簡単に捕まりません。

ほんの何分か前まで確実に捉えることができたデクの動きが一瞬、見えなくなったことで煙の中で何かをしたのではないかと勘付き、両方の腕で払い除けたのでした。

何故ヒーローだったレディ・ナガンがAFO側についているのか疑問に思ったデクはレディ・ナガンに問いかけます。

すると意外な過去を語り始めました。

レディ・ナガンの過去

レディ・ナガンは元々自警団だった。

ヒーローが信頼を得るために、白と黒を明確にしていましたが、裏でヴィラン組織と癒着し金を得ているのが現状でした。

それを殲滅するための秘匿命令を受けていたのがレディ・ナガン。

表では英雄。

裏では悪事に手を染めたヒーローを殲滅する毎日。

しかし信じていた公安の委員長のも結局は縦社会の中で、本当の正義を貫けていなかった現状知り、レディ・ナガンは怒りのあまり委員長を殺害したのでした。

そのことは公には嘘のニュースで固められ、レディ・ナガンはそのまま豚箱に葬られた状態に。

そしてAFOの支配する未来の方が、まだ澄んでいるだろうと、手を貸すことを決めたとデクに告白しました。

戦いの中で

話している間も二人の攻防は止みません。

その間もレディ・ナガンの攻撃を分析するデク。

反射速度が徐々に増していきます。

デクもヒーロー社会が白と黒だけでなくグレーな部分がほとんどで、不安や怒りが渦巻いていることが分かってきたことを告白しました。

その瞬間、5th『一点特化』を発動し、レディ・ナガンの放った弾を弾き返したのでした!

ついに現れた第二の刺客

さすがにレディ・ナガンも弾き返した弾を避けるのがやっとでしたが、そこに割って入ってきたのは、前回壁に横たわっていた白シャツの男、治崎だった。

デクもあの顔には見覚えがあります!

そう、オーバーホールだったのです!

出典元 集英社

不意をつかれたデク。

それを見逃さずに、攻撃を仕掛けるレディ・ナガン。

次週激化する3人の攻防が始まります。

以上週刊少年ジャンプ26号に掲載された【僕のヒーローアカデミア】No.314でした!

【僕のヒーローアカデミア】No.315考察

オーバーホールの能力

「壊れてもすぐに修復すれば蘇生可能」

「原型を留めていなくても元通りに治すことが可能」

いくらデクがレディ・ナガンにダメージを与えたとしてもオーバーホールの個性がある限り、既に勝ち目はありません。

流れからオーバーホールを倒してからでないとレディ・ナガンを拘束するのは難しくなります。

次号はレディ・ナガンの攻撃を避けながらオーバーホールを先に攻撃すると思います。

そしてあと一歩というところでレディ・ナガンの放った弾がデクに命中してしまうんではないでしょうか?

僕の見解では最後に助っ人ヒーローが現れ2対2の戦いになるはずです。

そのヒーローは「ホークス」だと思います。

最近特に目が離せないヒロアカ、次号はどうなるのでしょうか?

おすすめの商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました