ワンピースネタバレ第1027話『想像を超える危機』確定速報

ONE PIECE
この記事は約5分で読めます。

どうも、タッキーです。

本日はワンピースの第1027話のネタバレを書いていこうと思います!

ONE PIECE 第1027話『想像を超える危機』

前回カイドウとルフィが太刀交えたとき、鬼ヶ島の天空の空が裂け、まん丸いお月様が顔を出しました。

それは以前、白髭とロジャーが交えたときと重なるものがあり、上空の月を見つめるネコマムシも『月の獅子』になるタイミングでもありました。

モモの助の試練

徐々に花の都に近づく鬼ヶ島は、カイドウの焔雲の力によって浮遊しているらしく、あと5分もすれば都上空に到達します。

ヤマ男曰く、ルフィとの戦いでカイドウは確実に弱っていて、”焔雲”の力がだんだんと薄れていくにつれ、この鬼ヶ島は花の都に墜落する懸念があると言う!

それを聞いたモモの助は、ルフィにカイドウを倒すのをやめさせるか?花の都の民を避難させるか焦りながら迷います。

しかしヤマ男はそれをいち早く察し、そのどちらでもなく、密かにカイドウと同じ龍になったモモの助に”焔雲”を作り、鬼ヶ島を浮遊させる提案をします。

弱気なモモの助はそんな力があるわけも無いと、断固拒否!

すると追い討ちをかけるように『この鬼ヶ島には大量の武器と火薬があり、それが花の都に落ちればどうなることか!?そう、この鬼ヶ島は巨大な爆弾と同じなんだ!!!』とヤマ男叫ぶ。

泣きながら、ダメ元で”焔雲”を捻り出したモモの助、雲をつかみ空へと上昇していきました!

これでほんの少しだけ光がさして来ました。

ゾロ VS キング

場面は変わり、キングとゾロのフロアーです。

ゾロの一撃がキングの鉄仮面に鋭く切り掛かり、一部に亀裂が入りました。

そのことが原因で怒り狂うキング!

暴走モードの太刀の威力に圧倒されたゾロは吹っ飛びます。

かなりの距離を吹っ飛んだらしく、そこにはフランキーが。

うまくゾロを受け止めると、キングの強さは半端ないことをフランキーに話します。

それを聞いたことで手を貸すか尋ねると、「いや、いらねェ〜!」と。

そして飛び跳ねた瞬間ゾロは”極虎狩り”をキングに向けて放ちました!

負けずにキングも”丹弓皇”をゾロに向けて放ちます。

怒り狂うキングの攻撃は激しく、”極虎狩り”を放ったゾロを場外まで吹き飛ばしました。

しかし間一髪技をくりだし、落下を阻止したゾロでしたが、『せめて剣でしなせろ!』とキングを睨みつけました。

それを見ていたキングの鉄仮面の一部は”極虎狩り”によってえぐられ、中から茶色い肌が見えているではないですか?

次号怒り狂ったキングとゾロの攻防に決着はつくのでしょうか?

見逃したアニメを見るにはこちら!

映画・ドラマ・アニメなど最新作や見逃し動画が見放題!
映画・ドラマ・アニメなどが見放題! U-NEXTがトライアルキャンペーン中 映画館に行ったり、ドラマやアニメをいちいち録画する手間を解消したくないですか? 新作映画を観に行くとチケット代だけでも2,000円くらいかかるし、ビデオレンタル...

今なら30日間無料で使用できるキャンペーン中です。

おすすめのワンピースの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました