ワンピースネタバレ1006話確定速報”侠客-花のヒョウ五郎”氷鬼化で城内大ピンチ!

ネタバレ
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。

タッキーです。

ワンピース前話の1005話では、

サンジが城内に拡声された声でロビンに助けを求め、ロビンとブルックがサンジを救出しました。

ジャックが登場し、侍たちの息の根を止めに行くとのことで、ブラックマリアはそこに留まることになり、ロビンとブルックと戦うことになりそうな展開でした。

1006話では一体どんな展開となっていくのでしょうか?

今回はそんなにワンピース最新1006話のネタバレをご紹介していきます。

※ここからネタバレを含みますのでご注意ください

モモの助が見つかってしまう!

場面はドクロドーム「ライブフロア」。

モモの助がまたしても別のメアリーズに見つかってしまいます。

メアリーズは「敵の大将モモの助が開かずの倉庫から逃げたよ!!!モモの助の姿は見えないけど間違いない!」と言い、バオファンの能力によってその声が城内に拡散されます。

服の中に隠れて見えないモモの助ですが、バオファンの能力によって、ロックオンされました。

その声は宝物殿に向かっているサンジにも届きました。

モモの助たちを助けるのか、このまま錦えもんたちのところへ行くのか、真逆の位置なので、サンジは迷います。

そしてこっちだ!と勘を頼りに走り出しました。

見聞色の覇気でどちらが最適かを判断したのでしょうか?

ワンダとキャロットがペロスペローに倒される!

場面は鬼ヶ島入り口。

ペロスペローと戦っていたキャロットとワンダが倒れています。

どうやらペロスペローにやられてしまったようです。

ペロスペローはキャロットの顔面を掴み、「お前らの勝利には天候の運が必要だ」「ビッグマム海賊団のナワバリにピクニックでもしに来てたのか?」「仲間に死なれたくなきゃあ森で草でも食ってろ」と暴言を吐きまくります。

そしてキャロットを地面に叩きつけ、四皇の格ってもんを教えてやると言い、城内に向かいます。

天候のせいというのは、月が隠れてしまい、スーロン化が解けてしまった運の悪さのようです。

それもそのはず、ビッグマムが天候を変え、鬼ヶ島も空中に移動しているので、天候はめちゃめちゃです。

ヒョウ五郎が氷鬼に感染!

場面はドーム内ライブフロア。

マルコの青い炎が引き出す体力がもう限界を迎え、ウイルスに感染した人々の氷鬼化が再び進行します。

侍たちは「もう少し耐えろ!チョッパーだってそれに耐えながら薬作ってくれてんだ!」と励まし合い、チョッパーを守ります。

そこに攻め込もうとしているのはスクラッチメン・アプーと部下たちです。

しかし、アプーたちはチョッパーの周りを固める守りが鉄壁過ぎて越えられねぇと言います。

それもそのはず、そこには何故か敵に寝返ったドレークと、何故か突如現れたワノ国伝説の大親分”花のヒョウ五郎”が強過ぎてチョッパーに近づけないようです。

しかし、ヒョウ五郎が氷鬼ウイルスに感染してしまってます。

ヒョウ五郎が全盛期並みの力を発揮!

ヒョウ五郎はさっきまで小さいジジイだったのが、ガタイがまるで変わり、めちゃめちゃ強そうな体格となっています。

周り曰く、カイドウがヒョウ五郎を執拗に勧誘し続けた頃の強さが戻ってやがる!と言う通り、全盛期の力に戻っているようです。

しかし、その力は氷鬼ウイルスに触れたせいで、命の限界まで力を引き出されているからだそうで、寿命(命)と引き換えの最期の力だそうです。

そんなヒョウ五郎は部下に「チョッパーが作る抗体が間に合わず、おれが氷鬼になろうとしたら、その前に迷わずおれの息の根を止めろ。さもなくば広場にいる全員を無差別に斬り殺すことになる」と抗体が間に合わずに氷鬼になればすぐに殺せと頼みます。

そしてヒョウ五郎は襲いかかってきた元見廻り組総長ホテイら3人に対して「花の一刀流怒髪光拝」を炸裂!ぶっ倒します。

マルコがもう限界?

クイーンがヒョウ五郎たちや侍たちを狙い、ブラキオサウルス化した口からビームを発射しようとします。

すかさずマルコが「鳳凰印」という技でクイーンの腹を爆破し、阻止します。

そしてマルコは「お前はおれと戦ってんだろ?そっちの侍たちに手出すのはおれのクビを取ってからだよい」とクイーンを挑発します。

クイーンはさっさとくたばれとマルコに向かってビームを発射、避けるマルコをキングがすかさず真っ二つに斬ります。

マルコはすぐに再生し、「青炎雁(ブルーバード)」という青い炎をキングに喰らわせます。

倒れたキングにすかさず膝蹴りをお見舞いしようとしますが、マルコにクイーンのビームが飛んできました。

そしてクイーンは調子に乗りやがってと言いますが、マルコは鶴爪(オングル)という技でクイーンを攻撃。

キングとクイーン相手に引けを取らない戦いをしているマルコですが、さすがに10億超え2人を引き止め続けるのはきついようで、限界迎える前にチョッパー急いで薬作ってくれと祈ります。

すると、ペロスペローがマルコを見つけ、随分疲れているようだ〜と言いました。

ヒョウ五郎死す

カイドウにスカウトされた実力者としての力を遺憾無く発揮するヒョウ五郎。

しかし、マルコの青い炎の効果が完全切れ始め、氷鬼化が進行します。

力を使い続けるヒョウ五郎の進行は特に早いようで、もはや限界そうです。

そして、ヒョウ五郎は心の中でおでんに語りかけます。

「なぁ、おでん、力の有り余ってたあの時代にお前と共にカイドウに挑んでいたらってのを時々考えてた。だご錦えもんたちは見事に討ち入りを果たしたぞ…!それにおれにもおもしれぇ弟子(ルフィ)ができたんだ。ワノ国にはきっと、夜明けがやってくる!」

そして、みんなが氷鬼に戻ってく直前、ヒョウ吾郎のクビを部下が斬り落とす為に刀を振りかぶります。

 ヒョウ五郎は「やれ本望だ。まるで最後に天が褒美をくれたようだ。これ以上はおめぇらの命を、危険に晒すだけ。あとは頼んだお前たち。男花のヒョウ五郎、この人生に悔いはなし!」

とあとは残る仲間たちに想いを託します。

ワンピースネタバレ1006話確定速報”侠客-花のヒョウ五郎”氷鬼化で城内大ピンチ!まとめ

最新話確定速報としてワンピース1006話のネタバレをご紹介していきました。

1006話では、

バオファンの能力でモモの助の居場所が城内に知られました。

それを聞いたサンジは侍たちのところとモモの助救出どちらかで迷います。

そして、再氷鬼化が進行し始め、チョッパーの薬作りが待たれる中、それを必死に死守しているドレークとヒョウ五郎。

そのヒョウ五郎が全盛期並みの力を発揮するも、氷鬼に感染してしまい、暴走して味方を殺す前に殺せとの命令通り、死んでしまいます。

マルコもキングとクイーンを引き止めていますが、限界が来そうです。

果たして今後どんな展開となっていくのか、次回のワンピースが待ちきれません!

以上【ワンピースネタバレ1006話確定速報”侠客-花のヒョウ五郎”氷鬼化で城内大ピンチ!】と題してお届けしました。

ワンピースを漫画で読み返したい方は?

ワンピースの過去作を読み返したい!

そう思う人は多いのではないでしょうか?
そんな方にはU-NEXTがオススメです。



昔は漫画村や漫画タウンといったサイトから無料で読むことができましたが、現在違法アップロードの規制が厳しくなったため閉鎖されてしまいました。

今後も無料で見れるサイトでアップされたりしますが、取り締まりとの「いたちごっこ」

2012年10月から違法ダウンロードが罰則化される可能性が高まりました。 「違法コンテンツ」のダウンロードはもちろん以前から違法でしたが罰則がありませんでした。罰則化が施行されると、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。ネットが発達して、ファイルのダウンロード、アップロードは手軽で身近な行為になっています。

漫画村の元運営者は17年5月に著作権法違反事件で、同法違反と組織犯罪処罰法違反の罪に問われ懲役4年6月、罰金1千万円、追徴金約6千万円を求刑されました。

それ以外にも違法アップロードで閲覧できるサイトにはウイルス感染や情報漏洩の危険性も少なくありません

 

今までみたいに無料で見る方法はないのか?!

探してみたら、なんと無料で見る方法がありました。

それはビデオオンデマンドに入会することです。

殆どのビデオオンデマンドは最初の1ヶ月が無料なので、これを使わないてはありません!

U-NEXTも新規入会特典で、読みたい漫画を読みまくっても1ヶ月未満に退会すればお金は一切掛かりません。

もちろん違法アップロードサイトよりも豊富な品揃えなので、もっと読みたい場合は続けても良いですし、やっぱりもったいないないと感じる人は退会しても良いと思います。

漫画のみならず、映画やドラマも見放題なので本当にオススメです。

U-NEXTは過去記事でも紹介しています。https://chasmblog.com/unext-0001/

まだ試したことがない人は、この機会に是非登録してみてください。



見逃したアニメを見るにはこちら!

映画・ドラマ・アニメなど最新作や見逃し動画が見放題!
映画・ドラマ・アニメなどが見放題! U-NEXTがトライアルキャンペーン中 映画館に行ったり、ドラマやアニメをいちいち録画する手間を解消したくないですか? 新作映画を観に行くとチケット代だけでも2,000円くらいかかるし、ビデオレンタル...

今なら30日間無料で使用できるキャンペーン中です。

おすすめのワンピースの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました