ワンピースネタバレ990話確定速報”孤軍”ドレークがルフィと合流し味方に!

ネタバレ
この記事は約13分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。

タッキーです。

ワンピース前話の989話では、ついに麦わらの一味がライブフロアに全員集結しました!

そして、ナンバーの正体が、パンクハザードで氷漬けにされていた謎の巨人だったことも判明!

また、フランキーとブルックが乗るクロサイに轢かれたビッグマムは、立ち上がるもすぐにジンベエとロビンにより場外へと放り出されてしまいました。

集結した麦わらの一味はカイドウのいる屋上へと向かいますが、その手前にはキングとクイーンが待ち構えています。

果たして麦わらの一味は屋上へとたどり着けるのか!

今回はそんなワンピースの最新990話の確定ネタバレ速報をお届けします。

ワンピース最新990話”孤軍”への考察!

現代のトキトキの実の能力者は誰!?

回想編で、トキはおでんと同じく、銃殺されてしまいました。

とても悲惨な結果となってしまいましたが、ここで一番気になるのは、トキトキの実はどこへいったのか、誰が入手したのかが気になりますよね。

回想編ではボンクレーのマネマネの実(ひぐらし)や、バルトロメオのバリバリの実(セミ丸)など、他の悪魔の実は出てきました。

トキが亡くなったのも同じく20年前なので、トキトキの実も誰かが食べていて能力を引き継いでいる可能性が高いと思われます。

トキトキの実の能力は未来にいくことが出来ること。

覇気などで近い未来(相手の動きなど)を読める人はいっぱいいますが、未来に行ける人となると、遠い未来をやけに知っている(読んでいる)人や不可解な時間差と距離で物語に登場するなどでヒントを得られるとは思いますが、その観点から言えば、やはり頂上戦争に速い時間差と不可解な距離で登場したシャンクスがトキトキの実の能力者である説が一番かと思います。

1つ言えるのが、トキもそうであったように、トキトキの実の能力者は間違いなくワンピースの結末に関わってくる重要な役割を持った人物だと思います。

そのような人物がこれから現れるのか、もう既に出てきているのかは尾田っちの脳内でしか分かりませんが、僕個人的には、シャンクス説が最も有力かつそうであって欲しいです笑

ゾロは霜月リューマの子孫!?カイドウをぶっ倒すのはルフィではなくゾロ!?

ゾロの夢は世界一の大剣豪です。

剣士ということで、ワノ国との関わりは間違いなくあると思われます。

実際に、ゾロの故郷のシモツキ村は、ワノ国の大名霜月家と深い関わりがありそうなのです。

というのも、ワンピースの92巻のSBSコーナーにおいて、イーストブルーに大名霜月家が流れついたという事実を尾田っちが暴露してました。

更に、伝説的な侍である霜月リューマとゾロの共通点がたくさんある為、ゾロは霜月リューマの子孫だという説も超有力です。

・リューマの筋力とゾロの筋力の系統は同じ。

・血液型も同じXF型。

・霜月リューマの愛刀である秋水を使用していた。

・その後、おでんの愛刀である閻魔を受け取る。

おでん様の愛刀を持っており、ワノ国と深い関わりがありそうなゾロが、カイドウをぶっ倒すのではないでしょうか?

新世界に入ってから、ゾロはまだ本気を出している描写はありません。

あの眼帯を外したら、カイドウを倒せる特別な能力が備わっているのかも??

特殊な覇気か?めっちゃ気になる!

目から放つ覇気が強大過ぎてコントロール出来ないから眼帯で隠しているとも言われているが、コントロール出来たらミホークを超えるでしょうね。

シャンクスがワノ国に参上!?ルフィと手を組みカイドウをぶっ倒す!?

975話で、共に四皇であるカイドウとビッグマムが四皇同盟を組んだことが分かりました。

四皇同士が手を組むなど前代未聞で、力の均等がぶっ壊れると思います。

さすがにルフィローキッドそれぞれの海賊団と錦えもん達vsカイドウ&ビッグマムでは限りなく勝てる可能性が低いと思います。

そこで新しい時代というか、長らく彼らが居座っている牙城を崩して情勢を変えたいと企むキャラが漁夫の利の如く現れると予想します。

心強いと言えば、シャンクスに黒ひげ、ドラゴンや青キジ、ミホークなどですが、個人的にはシャンクスが動く可能性が高いと思います。

シャンクスといえば、カイドウビッグマムと同じく四皇ですが、ロジャー海賊団の船員だった時代におでんと交流がある為、ワノ国の為にも何かアクションを起こすと思われます。

ルフィも既に”五番目の海の皇帝”と言われるくらいには成長しているので、シャンクスと今会ってもまだ早いということはないと思います。

いやぁ~シャンクスが駆けつけてルフィと共闘となると、めっちゃ最高な展開ですね!

ワンピースはもう伏線回収・結末への展開が早くなっているので、尾田っちはもう出し惜しみなくとんでもないネタや展開を電光石火のようにぶち込んでくると思います。

是非共闘するシーンを見たいですね。

戦争になるとまた黒ひげが漁夫の利でワノ国に参上か!?カイドウの能力を奪うなんてことは?

 

そしてもう1人四皇がいますね。

それは黒ひげです。

頂上戦争でもかなりダメージを受けていた白ひげに追い討ちをかけて殺し、白ひげの能力を奪いました。

まさに漁夫の利といった展開でしたね。

そして、今回の戦争にも漁夫の利でワノ国に参上するかもしれません。

前回の標的はパラミシア最強のグラグラの実の白ひげでしたが、ロギア最強のヤミヤミの実も持っているので、後はカイドウのゾオン系最強の実を奪うのではないでしょうか?

新発売のワンピース海賊無双4ではワノ国編も含まれており、漫画とは違ったオリジナルな結末が描かれています。

カイドウに阻止されたものの、黒ひげはビッグマムの能力を奪いに行きました。
そんな黒ひげにとって、四皇の二人がワノ国にいるなんて、またとない機会ですし、激しい戦いが予想されるので、間違いなく漁夫の利を狙っていると思います。

ルフィ達がカイドウやビッグマムを倒したとしても、漁夫の利で能力をかっさらっていく可能性が高いと思われます。

しかし、ゲームでこの展開は既に描かれてしまっている為、本誌でも同じ展開になる可能性は低いんじゃないかとの声もありますが、果たしてティーチのワノ国参戦はあるのでしょうか?

ワノ国でのカイドウとの戦争に麦わらの一味の傘下が勢揃いするか!?

 

過去編のドレスローザでは、様々な海賊団が麦わらの一味の傘下となりましたが、ワノ国でのカイドウとの大一番を前に、全ての傘下が勢揃いするのではないでしょうか?

作者の尾田っちが、対カイドウ戦は頂上戦争の時より大きな戦いになると言っていました。

ワンピースの物語においても、ルフィにとってもこれからのワノ国での対カイドウやビッグマム戦は過去一の戦いとなるでしょう。

確かに四皇2人を一度に相手にするのはワンピース史上でも類を見ないでしょう。

当のルフィは、力を借りたい時に傘下は呼ぶと発言してますが、なんといってもあのルフィに憧れて傘下になった海賊団です。

ワンピースの世界の歴史が変わるようなこんな大一番を前に、黙って待ってるような連中ではないでしょう。

そして、ゲームの海賊無双4でも、麦わらの一味の参加はワノ国編に参戦していました。

なので、ワノ国に麦わら大船団が再び集結することを大いに考えられます!というか、みんな集え!歴史が変わるんだぞ!

ワンピース最新話990話”孤軍”への感想・予想ネタバレツイート

 

 

ワンピースネタバレ990話確定速報”孤軍”ドレークがルフィの味方となり百獣海賊団を討つ!

出典

※ここからネタバレを含みますのでご注意ください

ジャックvsスーロンミンク族

鬼ヶ島のドーム屋上。

ミンク族はギフターズたちに襲い掛かっていきました。

しかし、獣型のマンモスに変貌を遂げたジャックの攻撃が強力で、吹き飛んでしまう形に。

カイドウはそんなジャック&ギブターズvsミンク族の戦いを、余裕の表情で見つめます。

まるで大トリが戦う前の前哨戦を見つめるといった具合です。

その様子を同じように見ていた赤鞘たち。

やられていくミンク族に耐えかねた錦えもんが戦闘に加わろうとします。

しかし、そんな錦えもんをネコマムシとイヌアラシが制止しました。

二人がかりでジャックの相手をするようです。

イヌアラシもネコマムシは完全にスーロン化し、ジャックに挑みかかりました。

凶暴化した二人の姿は、シルエットで隠されているとはいえ、いつもの姿とは比べ物にならないほど、変貌を遂げています。

クイーンの不満とドレークたちの動き

ライブステージのクイーンは、ババヌキたちに任せ、「問題ない」と連絡まで受けていたはずの兎丼の囚人たちがいることに困惑しています。

しかし、そんなクイーンをキングは責めることなく、「もともと能無しだからな」と煽ってクイーンにツッコまれます。

そんなクイーンを無視したキングは、百獣海賊団の指揮をとるため、まず飛び六胞へと連絡しようと電伝虫を取り出しました。

その一報は別の部屋で控えているホーキンスとドレークの元にも届けられます。

ヤマト探しは終わりで、その代わりにカイドウのいる屋上に向かおうとする者を食い止めるよう、上を目指すものを阻止しろ、とキングは命令します。

厳重な警戒態勢に、益々ルフィたちが屋上に目指しにくくなった形です。

飛び六胞のフーズ・フーが同じ飛び六胞のX・ドレークと合流し、このどさくさの合間に殺したいやつを殺すためクイーンのところへ行こうと、ドレークに誘いかけます。

フーズ・フーは嫌いなクイーンを殺そうとしていると思ったドレークは、一人でも多く百獣海賊団の幹部を倒しておきたいと考えたのでしょう、フーズ・フーの誘いに乗りました。

しかしその脳裏では、ホーキンスがドレークに向けていった「誰かが死ぬ」という占いの結果の言葉がちらついていました。

傳ジローが捕らえていたササキが解放!

鬼ヶ島に侵入した侍たち。

侵入する際に、傳ジローは飛び六胞のササキを狂死郎に偽って騙して拘束していました、

しかし、そのササキが解放されてしまいました。

なぜ解放されたのか、ササキは鎖で神木の根元に縛られていましたが、カイドウが大暴れしたその衝撃によって、神木が根元から折れてしまいました。

自由に解き放たれたササキは狂死郎のことを「親友だったのに!」と騙されていたことに怒り心頭の模様。

しかし、酒を飲みながら冷静に部下たちに現在の状況などをミーティングしています。

そこでササキは「狂死郎の正体は傳ジローというおでんの家臣で、ずっと周りを欺いていた」と百獣海賊団の部下たちは告げられ、真実を知ります。

それを知ったササキは、傳ジローに報復することを宣言。

ここで傳ジローとササキの戦いが起こるのはほぼ確定でしょう。

クイーンの「消したい飛び六胞」が判明!

場面は変わり、ライブフロア、ナンバーズたちと戦っていたルフィはギア4で応戦しています。

以前は一定時間しか使用できず、しかもそのあと覇気が使えないというデメリットがあったギア4でしたが、ここで使うということは修行して何回も使用できるようになったようですね。

そしてフーズ・フーとともに移動していたドレークですが、その誘いは罠だったのです。

クイーンのもとに連れてこられたドレークは、クイーンとフーズ・フーの攻撃を受けてしまいました。

二人ともいがみ合っていたように見えたのですが、どうやら演技だったようで、二人の狙っていた人物はドレークだったようです。

ここで、捕まっていたローを逃がしたのはドレークであったことが、クイーンの口から判明しました。

ドレークがルフィと合流し味方になる!?

混戦が極まる最中、そこにクイーンたちから命からがら逃げてきたドレークがルフィやゾロと鉢合わせしました。

しかし驚くのも束の間、周りのナンバーズたちが行く手を阻んでいる状態で、いら立ちを隠せないルフィが「邪魔だ!」と叫びます。

そしてルフィの猿王銃とドレークの十鬼X狩場という、お互いの大技がその場にいた百獣海賊団を襲いました。

突然現れて助太刀してきたドレークに、さすがのルフィも困惑しているなかで、ドレークは孤軍状態だから一緒に戦わせてほしい、とルフィに宣言しました。

ワンピースネタバレ990話確定速報”孤軍”ドレークがルフィと合流し味方に!まとめ

最新話確定速報としてワンピース990話のネタバレをご紹介してきました。

990話では、キングの指令により、屋上までのルートに厳重警備が敷かれました。

これで当然ルフィたちは、カイドウのいる屋上にますます行きにくくなった形です。

そして、ライブフロアにいるルフィの前に何と最悪の世代の1人、ドレークが助太刀する形で参戦しました。

ルフィと手を組む展開となりそうですが、何とかドレークの能力でルフィたちをカイドウのいる屋上へとサポートして欲しいですね!

続々と最悪の世代を味方にして、ルフィは着々とカイドウの元へと進みます。

次週のワンピースは休載だそうです。

再来週が楽しみですね!

以上「ワンピースネタバレ990話確定速報”孤軍”ドレークがルフィと合流し味方に!」と題しお届けしました。

おすすめのワンピースの書籍

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました