【コロナウイルス】角界で初の感染者!力士は誰で相撲部屋はどこ?

コロナウイルス
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2020年4月10日、日本相撲協会が新型コロナウイルス感染の疑いがあった幕下以下の力士一人が陽性反応を示したことを発表しました。

4月4日に発熱を訴えたようで、一度は陰性と診断されたが、再々検査で陽性反応を示したようです。

そこで今回は、新型コロナウイルスの感染が判明したこの力士について、その詳細や現在の容態、名前や所属している相撲部屋に関して、調べました。

角界で初の新型コロナ感染者!詳細

角界で初 力士1人コロナ感染 陽性→陰性→陽性

日本相撲協会は10日、新型コロナウイルス感染の疑いがあった幕下以下の力士1人が9日に行ったPCR検査で、陽性反応を示したことを明かした。角界で陽性反応が出たのは初めて。感染拡大防止のため史上初の無観客開催となった3月の春場所中は感染者を出すことはなかったが角界も、ついに新型コロナに襲われた。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると当該力士は4日に発熱し、2日間ほどで1度は下がったが、再び高熱を出した。倦怠(けんたい)感や息苦しさ、血痰(けったん)などの症状が見られ、8日に都内の病院で、新型コロナ感染確認の簡易検査を受診。同日夜に病院側から「陽性」と伝えられたが、翌9日に「陰性でした」と病院側から誤りだったと連絡が入り、精密な検査を受け、この日に陽性反応が出た。

出典

力士の症状や容態

日本相撲協会が陽性反応を公表した前日となる4月9日に第一報として、幕下以下の力士一人が発熱や倦怠感、息苦しさや血痰などの症状を訴えた為、8日から病院に入院し、都内の病院で簡易検査を受けているとの発表がありました。

そして10日にその検査結果が陽性反応だったと公表されました。

この力士は、4日に発熱し、7日に一度熱は下がったものの、再び高熱を出し、前述した様々な症状に襲われた為、8日に入院をし、その日のうちに簡易検査を受けた結果、陽性反応が出ました。

しかし9日に病院から陰性であったとの診断を受け、10日にまた陽性反応が出たようです。

更に、この力士は持病を持っていたとの情報もあります。

力士は誰で相撲部屋はどこ?

新型コロナウイルス感染が判明したこの力士の名前や、所属している相撲部屋について、残念ながら、現在のところ何の発表はありません。
筆者も調べましたが、これと言った情報は得られませんでした。
いずれ公表されるのか否かは分かりませんが、どこからか情報が漏れる可能性は大いにありますのでその時は追記致します。
余談ですが、10日の日本相撲協会の会見で、芝田山広報部長は複数人の感染者がいる可能性についても言及されていました。
となると、相撲部屋全体でクラスターが発生していると可能性もありますね。
相撲部屋は力士が集い、密集するので濃厚接触の危険性もあり、心配ですね。

スポンサーリンク

 

みんなの反応

【コロナウイルス】角界で初の感染者!力士は誰で相撲部屋はどこ?まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は【【コロナウイルス】角界で初の感染者!力士は誰で相撲部屋はどこ?】と題してお届けしました。

野球界や芸能界、アナウンサーなど、色々な業界で蔓延している中、ついに相撲界でも新型コロナウイルスの感染者が出てしまいました。
他の力士へ感染している可能性も高いと思うので、クラスターになっていないといいですね。
どの業界も感染者が出るのは仕方がない面もありますが、大切なのは如何にその感染の広がりを止めるかだと思います。
皆さんもお気をつけください。

コロナ対策のマスクのオススメ

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました